RIFTプロトコル:ILCoinの新しい開発が、スケーラビリティ問題に終止符を打つ

「保険簿LINE@」で保険請求に関する相談を承ります

株式会社IBのプレスリリース

「保険の請求漏れによる悲しみを無くす」というミッションの「株式会社IB」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:井藤健太)が、保険請求に関する相談をLINE@にて期間限定で受け付けます。

【経緯】
新潟県・山形県沖の地震に伴う被害についてお見舞い申し上げます。
「被災された方に対して、何かできることがないか」と考え、保険請求の相談を承ることに致しました。

【保険金は“自ら”請求しなければ支払われません!】
「医療保険」や「火災保険」だけでなく「共済」「クレカに付帯している保険」「ネットで加入した自転車保険」など、様々な保険に加入している方も多いかと思います。
そんな中、ケガや家屋・家財等の損害で、請求できる可能性に気づかず、保険金を請求していないケースはどなたにでも起こり得ることです。

「自分が加入している保険のうち、どの保険を請求すれば良いかわからない」
「もしかしたら、他にも請求できる保険あるんじゃないだろうか?」
といったご質問に、可能な限り対応致します。

余震が続いておりますので、くれぐれもお気を付けください。

“保険簿”LINE@↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40rqq5522e

【当事業に込めた想い】
弊社は「保険簿」というサービスを通じ、
「請求しなくても保険が使える仕組み」の構築を目指して参ります。

構想のきっかけは、2011年に遡ります。
東北大震災の後、現地にボランティアに行った弊社代表の井藤は、津波で流された街を見て、「様々な保険に加入していても、請求できていないケースが多いのでは」という問題意識を持ち「保険簿」を構想致しました。

その後、井藤は保険業界で仕事をしている中で多くの方の保険証券を見て参りましたが、「請求できる」と気づかずに請求していないケースを多く発見致しました。
保険の請求漏れというのは、命に関わる重大な社会問題にもかかわらず、有効なソリューションが無いというのが現状です。

結局、保険の請求は、加入者の「自己責任」となるわけですが、難解な保険を確実にすべて請求できる仕組みが無いことに、大変もどかしく感じておりました。
そして、
「このままでは請求できるはずの保険に気づかず、治療を諦めて亡くなるような悲劇が続いてしまう」
「保険加入者に努力を求めることなく、請求漏れを無くす仕組みが必要だ」
と思い、創業するに至りました。

弊社は、保険業界に関わる皆様と協力し、保険の請求漏れによる悲しみを無くして参る所存です。
 

 

 

【会社概要】
会社名 : 株式会社IB
所在地 : 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-2 第一清水ビル2階
代表者 : 井藤 健太

設立   : 2018年10月29日
企業HP : https://www.113-bo.com
事業   : 保険業界を因数分解しシンプルにする
Mission: 保険の請求漏れによる悲しみを無くす
Vision : 請求しなくても保険を使える仕組みを創る

【本リリースに関するお問い合わせ先】
代表者:井藤(イトウ)
TEL:090-1157-1915
e-mail:info@113-bo.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。