「ネットあんしん保険」を11月1日から販売開始

J:COMのプレスリリース

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 雄三)のグループ会社であるジェイコム少額短期保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋 博礼、以下「ジェイコム少額短期保険」)は、2020年11月1日(日)より、ネットトラブル*1に備える補償とサービスを組み合わせた「ネットあんしん保険」の販売を開始いたします。

「ネットあんしん保険」とは、インターネットを通じて他人との間に発生したトラブルの対応・解決のために要した弁護士費用及び賠償責任、またスマートフォンやPCに保存されたデータが消失または損傷した際の復旧費用を補償する保険です。月額保険料750円で、同居する家族*2が補償対象になります。

スマートフォン普及による高齢者のインターネット利用増、ネットオークション、フリマアプリ等の「CtoC」取引の拡大を受け、ネットトラブルは増加傾向にあり、特にSNSが何らかの形で関連している消費生活相談は急増、スマートフォン購入の低年齢化により、ネット上のいじめや脅迫被害など、お子さまがネットトラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。さらに、コロナ禍による在宅時間増の影響でインターネットを利用する機会が増え、偽通販サイトでの詐欺被害やSNSでの誹謗中傷、オンラインゲームでのもめごとなどのトラブルも増えています。匿名性が高いネットトラブルは、発信者の特定が難しく、かつ削除請求や開示請求などの専門的な対応が必要になる場面が多いことが特徴ですが、一般の方ではまだまだ対応が難しいのが現状です。

「ネットあんしん保険」では、日本弁護士連合会と提携し、お住いの地域などから弁護士をご紹介。法律相談費用(10万円*4)、弁護士費用(100万円*3*4)、また意図せず損害賠償を求められた際の賠償責任(100万円*4)に対して補償いたします。また、スマートフォンやPCに保存されたデータが消失・損傷した際には、データ復旧費用(6万円*4)に対して補償、かつ信頼できる業者と提携し、機器回収からデータ復旧までワンストップで対応いたします。また、実際にネットトラブルに遭遇した場合や不安を感じた際に、まず電話で相談ができる「ネットあんしんダイヤル」(ご契約者さま専用)を設置。お客さまに安心していただけるようサポートいたします。

ジェイコム少額短期保険では、お子さまからシニアまで、幅広い年代のお客さまの生活に潜むネットトラブルのリスクに備える「ネットあんしん保険」を第一号商品として販売し、今後もお客さまの生活に「あんしん」をお届けする保険商品を開発してまいります。

 

*1 私生活において、インターネットを通じて他人との間で生じたトラブル
*2 補償の対象となる記名被保険者と同居する記名被保険者の親族
*3 弁護士費用×70%を補償   
*4 いずれも1回の事故における支払限度額
 

<商品概要:「ネットあんしん保険」>

商品名ネットあんしん保険
販売開始日2020年11月1日(日)
月額保険料750円
お申込みいただける方成人している個人
※J:COMサービスの加入、未加入問わず、ご契約可能
商品内容 <補償>
①ネットトラブル
■ネットトラブル時の法律相談費用、弁護士費用、賠償責任

*日本弁護士連合会と提携し、お住いの地域などから弁護士をご紹介

  • [ネットトラブル法律相談費用保険金]
    ​1事故:10万円限度 (1保険期間中:3事故まで
  • [ネットトラブル弁護士費用保険金]
    1事故:100万円限度 ※弁護士費用×70%を補償(1保険期間中:3事故まで)
  • [ネットトラブル賠償責任保険金]
    1事故:100万円限度 (1保険期間中:3事故まで)

②データ復旧
■データ消失・損傷時の復旧費用
*パソコン、スマートフォン、タブレットが対象 (対象機器は事前登録が必要、5台まで)
*データ復旧業者と提携し、機器改修からデータ復旧までワンストップで対応

  • [データ復旧費用保険金]
    ​1事故:6万円限度 (1保険期間中:3事故まで)

<ご契約者さま専用サービス>
■「ネットあんしんダイヤル」
ネットトラブルが発生した際に、まず相談できるご契約者さま専用ダイヤル
(ご案内先の例:警察、金融機関、消費者センター、インターネットプロバイダー、SNS業者)

Webサイトhttps://www.jcom-ssi.co.jp/

【少額短期保険業とは】
2006年4月の改正保険業法の施行により導入された、保険業のうち一定の事業規模の範囲内において、引受を行う事業。保険金額が少額(上限1,000万円)、保険期間が短期(生命保険、医療保険などの第一分野、第三分野は1年以内、損害保険の第二分野は2年以内)の保険で、生活に密着したニッチな商品が多いことも特徴。通称「ミニ保険」。
[参考] 少額短期保険業界概況(2020年3月末日時点、「一般社団法人日本少額短期保険協会」調べ)
保有契約件数 883万件、収入保険料 1,074億円、事業者数 103社

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。