RIFTプロトコル:ILCoinの新しい開発が、スケーラビリティ問題に終止符を打つ

Mastercard、コマースのイノベーションを担うスタートアップ企業の選出プログラム「Mastercardスタートパス」日本地区大会を開催

Mastercardのプレスリリース

Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下Mastercard)は、次世代のコマースソリューションを担うスタートアップ企業の選出プログラム「Mastercard Start Path(以下「本プロブラム」)」の日本地区大会を8月9日に開催し、Mastercardアワードに株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩)、オーディエンスアワードにNIPPON Platform株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 国内事業CEO:菱木 信介)を選出しました。

本プログラムは、2014年の開始以来、世界中のスタートアップ企業を年間2000社評価してきたMastercardが、未来に向けたコマースソリューションの開発に取り組む革新的なスタートアップ企業を選出し、選出企業の事業拡大を支援するものです。

今回日本で初めて開催された本プログラムでは、公募した企業の中で書類審査を通過した5社が参加しました。最終選考である「Global Selection Day」(2019年10月ドバイで開催予定)の参加権が得られるMastercardが選ぶ「Mastercardアワード」と、観客として招待されたMastercardの顧客である大手金融機関、カード会社、加盟店が投票で選ぶ「オーディエンスアワード」の2つの賞が用意されました。受賞した企業は以下の通りです。

その他参加した企業は以下の通りです。

Mastercardは、スタートアップ企業の事業拡大をサポートするために今後も日本でのStart Path開催を続け、日本のオープンイノベーションとコマースのイノベーションを推進します。

###

【Mastercard Start Pathについて】
次世代のコマースソリューションを開発し、革新的なスタートアップを支援するためのプログラムです。成長段階にあるスタートアップのビジネス拡大を加速させることを目的として、2014年に開始。スタートアップ企業は、Mastercardの専門チームによるグローバルネットワークの活用、Mastercardのパートナー企業へのアクセス、またMastercardのソリューションを基にしたイノベーションを享受することができます。詳細については、www.startpath.comをご覧いただくか、Twitterで@MAstartpathをフォローしてください。

【Mastercardについて】
Mastercard(NYSE: MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。
詳細はhttps://www.Mastercard.co.jpをご覧ください。MastercardのニュースはTwitterで@MastercardAP(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MastercardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でsubscribeにご登録いただくと、最新ニュースをEメールアラートにてお知らせいたします。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。