金融機関向けにAIによる営業トーク解析・診断パッケージ提供開始

コグニティのプレスリリース

 営業トークなどのビジネスコミュニケーションのAI解析技術を持つコグニティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役: 河野 理愛 以下「当社」)は、金融機関向けに営業トーク解析・診断サービス『UpSighter for Finance(アップ・サイター フォー ファイナンス)』の提供を開始します。 

 2019年10月に提供を始めた金融機関向けサービス『UpSighter for Finance』をパッケージサービスとして大幅リニューアル。商談やロープレの音声データをもとに模範社員とその他のトーク傾向の違いを解析、担当者一人ひとりに対しフィードバックレポートを還元します。自分のトーク傾向と、当社が保有する金融機関のトーク傾向や、社内の模範社員のトーク傾向とを比較することができ、模範社員の話法例をもとに営業トークを改善することができます。銀行出身の社員が開発に携わっており、金融機関における営業プロセスに合わせたフィードバックが実現するレポートとなっております。

■サービス概要資料
http://cognitee.me/pr/wp-content/uploads/2020/12/a7fe2e1a96349c25f672496c79585eb9.pdf
■サービス紹介動画 ※以下URLまたはトップ画像のQRコードより
https://www.youtube.com/watch?v=vG0kfjHv-b8&feature=youtu.be
■開発ストーリー(銀行出身の社員コメント)
http://cognitee.me/pr/wp-content/uploads/2020/12/0b2131f304910ffc7b154c84a3f8f44e-2.pdf

【非対面での研修・教育実施と、非対面での営業力アップをサポート】

 新型コロナウイルスの感染拡大により、集合研修や営業同席によるOJTでの教育が難しくなり、特にお客さまとのコミュニケーション方法を指導する機会の創出が課題となります。また、電話やオンライン会議による非対面営業へシフトすることにより、お客さまの表情や反応が掴みにくくなり、話し方・話す内容の重要性がより高まります。
『UpSighter for Finance』は商談やロープレの音声をアプリやレコーダーで録音し、ポータルサイト上にPDFでフィードバックレポートを還元するため、集合研修ができなくても各支店・支社にいながらロープレ研修のような教育が実現します。また、フィードバックレポートを使うことにより、指導者の経験や感覚のみによる指導を防ぎ、偏りのない均一な指導・教育が可能です。
 

 当社のAIサービスはこれまで、株式会社みずほ銀行様や株式会社伊予銀行様をはじめ金融機関10社で導入実績があり、法人・個人営業や窓口のロールプレイ研修・現場教育、アウトバウンドコールセンターにおける教育など幅広く活用いただいております。『UpSighter for Finance』のサービス内容や導入事例の詳細については下記よりお問い合わせください。OEMや代理販売も受け付けております。

■「UpSighter」導入事例
https://cognitee.com/docs/UpSighterUseCase.pdf
■導入企業インタビュー動画
株式会社みずほ銀行様 https://www.youtube.com/watch?v=gPtDNNTOdPI&feature=youtu.be
株式会社伊予銀行様 https://www.youtube.com/watch?v=cmZ8ch681RM&feature=youtu.be

【『UpSighter for Finance』サービス概要】

提供開始日2020年12月23日(水) ※10月9日(金)より先行案内開始済
概要トークの傾向分析から教育・研修までをサポートする、資産運用提案を中心とした、金融業界専用のAIトーク解析パッケージ。
 1.模範社員・その他社員のトークの傾向比較分析(6〜50トーク、計1,500分まで)
 2.フィードバック用のレポート開発
 3.個人別のフィードバックレポート(100トーク分 ※1トーク30分まで)
 4.サマリーレポート(3を利用した全員分の結果・平均値をまとめたレポート)
 5.研修・教育サポート(マニュアル・話法集作成、指導者向け研修 ※各1回まで)
対象金融業界全般及び同サービスのOEM・代理販売を検討する企業
特徴・アプリで録音、ポータルサイトでレポートを確認できるのでロープレ研修を完全オンラインで実現できる
・社内の模範社員とその他社員のトーク傾向の違いを解析し、客観的な指導ができる
・担当者別のフィードバックレポートで、自分のトーク傾向と、社内モデルや当社が保有する金融業界モデルと比較することができる
パッケージ費用500万円(税抜き) ※予算に合わせて、パッケージ以外のご相談も承ります。

【コグニティ株式会社 会社概要】
〇 設 立:2013年3月28日 
〇 所在地:〒140-0001 東京都品川区北品川5-5-15大崎ブライトコア407号室
〇 Web   : https://cognitee.com/
〇 資本金:530,277千円(資本準備金含) 
〇 従業員:190名(国内外在住の解析リモートワーカー150名を含む) 
〇 代表者:代表取締役 河野 理愛
1982年生まれ、徳島県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。 大学在学中の2001年にNPO法人を設立、代表として経営を行う。 2005年にソニー株式会社入社、カメラ事業を中心に、 経営戦略・商品企画に従事。 2011年に株式会社ディー・ エヌ・エー入社、ソーシャルゲームの海外展開を担当。 2013年、完全在宅勤務制のコグニティ株式会社を設立。 
〇 事業内容:「思考バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。文脈解析を強みとするトーク評価サービス「UpSighter」を展開。 
◇ リモートワーカーを含め、ISMS認証(ISO27001)を2019年6月に取得
◇ 「トークや文書の文脈・構成について差分計算し、抜け漏れ・過不足を予測/推薦する技術」について、2015年に出願、2019年8月に特許取得(特許第6573321号)(海外特許審査中)
◇ 2013年創業時より「完全在宅勤務制」を採用し、運用に成功している企業として多くのメディアに取り上げられる
◇ 新サービスの展開に伴った技術力強化のため、中国・四国地方をはじめ積極的な採用活動を展開中

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。