One Tap BUYがPayPayミニアプリで提供する疑似運用体験「ボーナス運用」が2020年度グッドデザイン賞を受賞

株式会社One Tap BUYのプレスリリース

 証券取引アプリ「One Tap BUY」を提供する株式会社One Tap BUY(本社:東京都港区、代表取締役CEO:内山昌秋)は、PayPayボーナスを利用した疑似運用体験ができる「ボーナス運用」が、2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことをお知らせします。

 

 「ボーナス運用」は、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリ「PayPay」内に、疑似運用体験ができるミニアプリとして2020年4月に誕生しました。現金ではなくPayPayボーナス(※1)を運用するという、新たな投資資金が不要のサービスを展開し、投資経験がないユーザーにとってもわかりやすいインフォグラフィックとシンプルな色彩を活用することで、決済から運用までのシームレスな体験を提供できるよう開発しました。

 

また、2種類の運用コースである短期運用向けの「チャレンジコース」と長期運用向けの「スタンダードコース」の選び方をサポートするため、商品の特性が一目でわかる図解を提示することで、従来のポイント運用サービスのように、ポイントを商品やサービスと交換(※2)して完結するのではなく、運用額の増減を楽しむという新たなコミュニケーションを提供しています。

 

※1 PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナスライトは利用できません。PayPayボーナスの詳細はこちらをご確認ください。

※2 本サービスでOne Tap BUYがPayPayボーナスから交換して提供する独自のポイントは、現時点で「ボーナス運用」での運用およびPayPayボーナスへの交換のみに使用されるもので、他のサービスでは使用できません。

 

 

  • 受賞概要

受賞対象名:スマートフォンアプリ[ PayPay「ボーナス運用」]

受賞内容:「2020年度グッドデザイン賞」
受賞ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/51102

グッドデザイン賞 審査委員による評価コメント
現金ではなく、ポイントを原資とした疑似運用サービスを、インフォグラフィックス等を効果的に活用し、投資経験がないユーザーにとってもわかりやすく、シンプルに設計している点が評価されました。

グッドデザイン賞とは( https://www.g-mark.org/ 
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

 

 

  • One Tap BUYについて

「One Tap BUY」は、日本初のスマホ証券会社として3タップで株の売買ができる証券取引アプリです。日本株・米国株銘柄を1,000円から売買可能。「1,000円から株主」「3タップで買える」「手軽に」をキーワードに、「日米株」「つみたてロボ貯蓄」「10倍CFD」「日本株CFD」「誰でもIPO」などのサービスを展開しています。株式投資を身近に感じていただけるよう、投資経験がないお客様でも簡単に運用をしていただけるサービスを提供しています。

・免責事項

本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。

本資料に記載された内容は、資料作成日における見解であり、予告なく変更される場合があります。

 

【One Tap BUY 会社概要】

会 社 名株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2883号
所 在 地東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
代 表 者代表取締役CEO 内山 昌秋
設    立2013年10月31日
事業内容第一種金融商品取引業
U  R  Lwww.onetapbuy.co.jp

 

 

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社One Tap BUY   広報担当:松葉・荒木
TEL:03-6447-4274  Email:pr@onetapbuy.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。