RIFTプロトコル:ILCoinの新しい開発が、スケーラビリティ問題に終止符を打つ

ゼンショーグループ各店舗で非接触決済が利用可能に!キャッシュレスの選択が広がり、お買い物がますます便利で快適に

JCBのプレスリリース

株式会社ゼンショーホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:小川 賢太郎)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦)、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎)と提携し、牛丼チェーン店「すき家」をはじめとしたゼンショーグループ各店舗にてNFC(※1)による非接触決済サービスの取り扱いを2019年7月より順次開始しております。

現在ゼンショーグループ各店舗では、電子マネー「QUICPay™」、「iD」、「楽天Edy」や、「Suica」などの交通系電子マネー、及び「JCB」「Visa」などの6つの国際カードブランドの決済サービスをご利用いただけます。今回キャッシュレス決済の選択肢を広げ、よりお客さまの利便性を向上させるためNFCによる「JCBコンタクトレス」、「Visaのタッチ決済」などの非接触決済サービスを導入いたします。(※一部店舗を除く)

世界では、多くの国でNFCによる非接触決済が一般的になっており、2020年までには世界の全カードの約50%(※2)が非接触対応になると予測されています。ゼンショーグループ各店舗では、国内のお客さまはもちろん、今後ますます増加すると予想される海外からのお客さまに対して、より安全で利便性の高い決済手段を提供いたします。

(※1)NFC(Near Field Communication)とは、非接触ICカードインターフェースの規格として、ISOで規定された国際標準の無線通信技術です。数センチメートルの短い通信距離で携帯電話や非接触ICチップ内蔵のカードをかざすことをきっかけにさまざまなサービスを実現します。
(※2)Juniper Research, ‘Contactless Payments: NFC handsets, Wearables, Payment Cards 2016-2020‘より

詳細はプレスリリースPDF版をご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20190808-5542.pdf

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。